パーソナルコーチ「はる」の、乳ガンとともに生きる日々

コーチが「がん」になったらどう変わっていくんだろう?

ニックネーム はる
名前 北條良子(ほうじょうりょうこ)
職業 パーソナルコーチ、研修講師。
資格 米国CTI認定 Certified Professional Co-Active Coach (CPCC)
HP  http://ryo-ko.net


2014年1月に乳がん告知を受け、4月に温存手術を受けました。現在はホルモン治療中です。癌告知をされた時は、やっぱり頭に死がよぎりました。元気になったいま、残された命を、同じように病気で悩んでいる人のために使うことを決めました。

あなたは乳がんを経験して、これからどう生きたいですか?
コーチングという対話を使って、自分の中の答えを見つけませんか?

神奈川県在住。小学生男児、1児の母。




人気ブログランキングへ

タグ:#乳がん

乳がん後、皆さん体に良いことしていますか?


がんは「生活習慣病」とも言われているので、今までの生活習慣を反省したり、変えていきたい、そう思った人も多いと思います。


そう・・・治療真っ最中は(ドキっ!)


そうなんです、治療が落ち着いてくると、また元の夜更かし、塩分・脂分の多い食事、運動不足になってきませんか?

私はなります!(キリっ!)

と、カッコ良く言い切っている場合ではないですね。

最近は、年齢のためか、食べたものは食べた分だけお肉になって体につき、体重がどんどん増えていきます。

特にきっかけは、昨年の夏のベトナム旅行!

ベトナム料理は味が薄味であっさりしていて、「おいしいおいしい」と、どんどん食べている間に、あっという間に今までの臨界点を突破してしまいました。ベストより6キロ増です。恐ろしい!

よくわかるのは、写真ですよね。
体重は増えたけど、そんなに見た目には現れていない、って思ってたんです。
でも写真で見ると、顎のあたりがタプっとしていて、スラムダンクの安西先生のよう。

9月にホームページ作製用の写真撮影がある・・・何より肥満は再発のリスクを伴う・・・
「これはまずい!」と6月からダイエットにトライしてみました。


私が行ったダイエットは「糖質制限ダイエット」。

と言っても、極端なものではなく、白米を今の7割に。
ただしお菓子は一切食べない!
甘い飲み物とビールは禁止。

そして週に2回ほど、15分間ジョギングするっていうものです。


きつかったのは、「お菓子を食べない」っていうのが一番でした。

私、今まで「お菓子は全然食べていません」っていう認識を自分に持ってたんですよ。

なので楽勝だと思ってたんですけど、蓋をあけてみると、ことあるごとに、お菓子の禁断症状が出て苦しみました。

仕事で疲れた時、電車で移動している時、家に帰って一息ついた時・・・すごく口さみしくなってお菓子を食べたくなる。我慢するとイライラしちゃう。

今までは、きっとここで食べたいたんでしょうね。


自分の体型にせよ、何を口に入れているかにせよ、人って自分のことを以外にわかっていないものなんだなって、気づきました。
自分が一番自分のことを知っているなんて嘘で、けっこう思い込みの下にいるんですね。

自分のことを客観的に知るために、食べ物の記録をとるダイエットは、きっと有効ですね。
記録用紙を通して、第三者のように自分のことを見れますものね。


そう考えると、コーチングも似たような効果があります。


どんなにクライアントさんが自分に自信がなくても、状況に絶望していても、本人が気づいていない希望の芽を見つけ、伝えていく。

伝えた時のクライアントさんの「ハッ」とした顔を見るのが、心からの喜びです。



肝心なことを忘れていました。

ダイエットは成功して3キロ減です!!!

顔周りがスッキリしたと評判です。

皆さんも、やっている健康法があったら教えてくださいね!


↓ 撮影してもらった写真です。コーチングのホームページも遊びに来てくださいね〜。

DSC_0093




 

放射線治療も、残すところ後2回!まできた。もう少し…のゴールが待ち遠しい。もちろん放射線を当てる前に「治れー!」って念は飛ばし続けてる。


放射線をあてている左の乳房全体から、喉仏にかけて。それと脇。当てている箇所は、赤黒く変色している。


放射線医には「日焼け跡のようになる」って言われてたけど、似て非なるものだなぁ、と感じる。皮膚は赤いけど、毛穴だけがブツブツと黒く目立って、それで赤黒い。そんな日焼けなったことない。


乳首も左だけ黒くなり、アンバランス。

変色した部分はかゆみや痛みがあって、本当にブラジャーは無理になった。やっぱりユニクロのブラトップを愛用。

かゆみ、痛み対策は「冷やす」。看護婦さんに教えてもらって、アイスノンが今は寝る時の友達だ。


皮膚は治療が終了して1ヶ月ほどで落ち着いてきて、1年で色は元に戻るということ。皮膚の日焼けは戻るかもしれないけど、果たして乳首は…1年後、報告しようと思う。


先日、通院がつらいことを投稿したけど、耐えきれなくなり、7/9から、会社は休職させてもらった。会社には快く受け入れてもらって、ホントにありがたい。


コーチングもクライアントさんにお話しして、7月は全面的にお休み。


この直前は、体力的につらくて、口癖が「疲れた」と「眠い」。体が動かない疲労が休職の1番の原因だけど、もう1つは……子どもに当たってしまうこと。


余裕が無いと、しつこいくらい怒ってしまう。自分でも、もうやめたらいいのに…と思うのにやめられない。


イタズラなんて、子供ならみんなすること。だけど体力に余裕が無い私は、「なんで私のこと困らせるのよ?」「お母さんとっても疲れてるのに‼︎」っていう思考にはまる。


疲れて…少しウトウトして起きたら、床や絨毯が絵の具だらけだったり…「こんなに疲れてるのに、今から掃除と洗濯か…」と怒りの気持ちが湧いてしまう…



この子供を「私のこと困らせる存在」として捉えてしまう心の動きが、なんだか虐待につながりそうで、自分でもとっても怖かった。




乳がんであることが発覚した時、「生きたい」っていく気持ちの根底には「息子の成長が見たい」という気持ちがあったし、ガンが思いのほか広がっているかも、という恐怖におののいている時、ひょうきんにふざけてくる息子に笑わせられた。




愛を受け取るためには、人に優しくするには、自分自身のコンディションを整えること、余裕を持つことが大切なんだなぁ、と思い至った出来事だった。


(休みを取ってからは、やっぱり余裕ができて、息子に優しくできる元気が戻ってきている。)


*商品パッケージのデザインをしているクライアントさんより。美味しかった…

2014-07-05-11-29-42

↑このページのトップヘ