パーソナルコーチ「はる」の、乳ガンとともに生きる日々

コーチが「がん」になったらどう変わっていくんだろう?

ニックネーム はる
名前 北條良子(ほうじょうりょうこ)
職業 パーソナルコーチ、研修講師。
資格 米国CTI認定 Certified Professional Co-Active Coach (CPCC)
HP  http://ryo-ko.net


2014年1月に乳がん告知を受け、4月に温存手術を受けました。現在はホルモン治療中です。癌告知をされた時は、やっぱり頭に死がよぎりました。元気になったいま、残された命を、同じように病気で悩んでいる人のために使うことを決めました。

あなたは乳がんを経験して、これからどう生きたいですか?
コーチングという対話を使って、自分の中の答えを見つけませんか?

神奈川県在住。小学生男児、1児の母。




人気ブログランキングへ

タグ:リュープリン

今日のK先生との診察が、済生会中央病院での最後の診察。先生は今月末で亀田京橋クリニックに転院する。それに私もついていく。


犬は人になつく。猫は家にいつく。

患者は医師についていく。

そんな言葉を作ってみたくなる。


「こないだリュープリンを打ったけど、どうだった?何か副作用とか…」

久しぶりに会ったK先生。

よく聞く副作用が、ホットフラッシュだけど幸いにもそれはない。ただ…お腹や背中がとっても痒い!
赤い発疹みたいなのもできる。夜中、気づくと体をかきむしっている。


「先生、蕁麻疹ができまして。すごくかゆいです」
「うーん、薬に入っているもので、たまにアレルギーになる人がいるんだよね。次は9月に打つから、またなったら1ヶ月製剤に変えようか」


1ヶ月おきに注射を打ちに行くのはとてもめんどくさい。そんなことを内心思いながら「はい」と返答。


「たまに更年期障害みたいになる人もいるんだけど、ならなかったんだね」
「そうなんですよー!大丈夫でした!ところで、生理が来ちゃったんですけど、いつから止まるんですか?」

逃れられないと思っていた副作用。急に浮かれた気持ちが湧いてくる。


「今月来たら、来月はこないね。副作用は、今から2、3週間後に始まるかな?」


ビックリである。ま、まだだったのかぁー!
えーーー、っていう私の顔を見て、「あ、ならない人の方が多いから」とあわてて先生はフォロー。


ちょっとショックな出来事だった。


薬のきき方、なんかは本当に患者には知識が無い。先生、忙しいのはわかるけど、もうちょっと丁寧にお願いします。



「他には?」って聞かれて気を取り直す。
「リュープリンが高くてすっごくビックリしたんですけど、保険がきいてあの値段なんですか?」


注射1本で驚異の2万越え。がん治療の厳しさを実感した出来事だった。


「そうなんだよ、保険はきいてるんだ。まだ後発薬が開発されてなくて。それでその値段なんだよ。ちなみに…1ヶ月製剤に変えると、もう少し高くなる」


かゆみと戦う決心が改めてつく。これ以上はきつい。


聞きたいことは聞けて、京橋亀田病院の紹介状をもらって。サクサクと事は進んでいく。次に先生に会うのは9月。


少し、涼しくなっている頃かな。

放射線治療も終わって、私はどんな私になっているだろ。

乳がんのこと、少し忘れるようになっているかも。


どんなことをしているのかは、まだ想像ができないけど、明るい顔で過ごせているといい。

もらった命、せっかくだから楽しめているといい。
















女性にとって、いや、男性にとってもお腹の肉をつままれるというのは、結構な屈辱じゃないのか…

リュープリンの注射をされる時、軽々とつままれた自分のお腹を思い出しながら、考える。


とうとう6/3からリュープリンを打ち、生理を止めることになった。お腹に皮下注射するのだ。

あんまり気が進まない顔をする私に「嫌なら次でもいいよ」なんて、K先生は甘い顔をする。

もちろん生理を止めるということには、抵抗があったけど、もうその覚悟はできた。問題は……その注射がとっても痛い、っていう噂。6、7年前の闘病記を読むと、かなり迫力がある。


「うう〜、ホッチキスみたいな針をお腹にドスンってやるって本当ですか?麻酔、しないんですか?」って情けない声で聞いてしまった。

麻酔を打ってから、っていう病院もあるみたい。


K先生は、一瞬戸惑った顔をしたけど「最近、針が進歩してねぇー、細くなってずいぶん痛くなくなったよ。ちょっとチクっとするくらいだよ。」

その情報、初耳である。

「えっ、ホントですか⁈」
「ホントだよ」
「じゃあ、やります」

即決して、お腹の肉をつままれた。

結果は……本当に痛くない!
薬剤がちょっと沁みるくらい。
想像してた1/100。いつも心配しすぎて損したな、って思うけど、今回も。

治療はドンドン楽になってるし、自分は乗り越えられる強さを持っている。もう1回、確認できた。


ホットフラッシュや更年期鬱といった重めの副作用もなく、大丈夫。あるとすれば…全身のかゆみ。小さな発疹がお腹や背中にできて、それがかゆい。リュープリンの説明書を見ると、副作用に「掻痒感」とあるけど、確実なつながりはわからない。でも痛い、とか、不快、よりはずいぶん良い気がする。


あぁ、でも痛いことが一つだけあった!
それは…値段!リュープリン1本で2万円!
これを3ヶ月に1回。最低2年。本当に痛い…


でも、この時、私はまだガン治療にとってもお金がかかることを、全然理解してなかったんである。

↑このページのトップヘ