パーソナルコーチ「はる」の、乳ガンとともに生きる日々

コーチが「がん」になったらどう変わっていくんだろう?

ニックネーム はる
名前 北條良子(ほうじょうりょうこ)
職業 パーソナルコーチ、研修講師。
資格 米国CTI認定 Certified Professional Co-Active Coach (CPCC)
HP  http://ryo-ko.net


2014年1月に乳がん告知を受け、4月に温存手術を受けました。現在はホルモン治療中です。癌告知をされた時は、やっぱり頭に死がよぎりました。元気になったいま、残された命を、同じように病気で悩んでいる人のために使うことを決めました。

あなたは乳がんを経験して、これからどう生きたいですか?
コーチングという対話を使って、自分の中の答えを見つけませんか?

神奈川県在住。小学生男児、1児の母。




人気ブログランキングへ

タグ:ブログ

7/23から復職をしている。放射線治療が終わり、9時〜16時という元の勤務時間に戻った。(実はパート勤務なのだ)


治療が終わったことに、うれしさがジワーっとこみ上げる。もう病院の行き帰りで疲れなくていい、とか、治療の目印にしていたマイルストーンを通り過ぎたこととか・・・いろいろな思いがわき上がってくる。胸のつかえがとれて心のスペースが広がったような気持ち。


その反面、体力の回復は遅かった。放射線治療が終わる4日ほど前から、目の上、というド顔面にヘルペスの水泡ができたり、片耳から水の中にいるような耳鳴りがしたり。それらは疲れたときに、知らせにやってくる疲労センサー。


放射線科にプラスして、皮膚科と耳鼻科に通うという忙しい7月。
「ま、当てたらアカンもん当ててるからね」って友達の言葉になるほどの月だった。




8月に入ってやっとそれも落ち着き、今は休日にほんの少し、短距離のランニングを。1月にガン告知される前は時々やってたけど、人間、心配事があると、そんな余裕なくなり、全くやらなくなった。

「運動」なんていう大層なものじゃなくて、掃除、洗濯、料理っていうなんでも無いこと、もっと言うなら笑ったり朝起きたり、っていう普通のことは、気力、体力が一定のレベルに達していないとできない。どっちが欠けても、朝起き上がることもできないと思う。病気になると本当にそれを実感する。普通のことが普通にできるというのは、身体と心って言う両輪がうまくいっている証なんだ。

朝起きて、ただただ1時間ほどベッドでボーっと過ごす。1月2月は、のしかかってくる鬱な気持ちを追いやってからじゃないと起き上がれなかった自分を思い出して感慨深い今日この頃だ。



************************************


 「 Cancer suvivor②」に登場頂いた、本多由佳さんのその後の検査結果について! 手術跡の辺りに、新しいしこりを発見した、ということで、追加検査を受けたそうですが……結果は「小さすぎてわからないので、経過観察」とのこと。 確かに5ミリだと、通常の針生検じゃなくて、マンモトーム生検しないと…って感じですかね。 ご本人は落ち着いて受け止めていらっしゃって、元気に新しいお芝居に出られる様子です。 良かったら、由佳さんのブログを読んでみて下さい。 http://hondapan.blog96.fc2.com/blog-entry-558.html

今日のK先生との診察が、済生会中央病院での最後の診察。先生は今月末で亀田京橋クリニックに転院する。それに私もついていく。


犬は人になつく。猫は家にいつく。

患者は医師についていく。

そんな言葉を作ってみたくなる。


「こないだリュープリンを打ったけど、どうだった?何か副作用とか…」

久しぶりに会ったK先生。

よく聞く副作用が、ホットフラッシュだけど幸いにもそれはない。ただ…お腹や背中がとっても痒い!
赤い発疹みたいなのもできる。夜中、気づくと体をかきむしっている。


「先生、蕁麻疹ができまして。すごくかゆいです」
「うーん、薬に入っているもので、たまにアレルギーになる人がいるんだよね。次は9月に打つから、またなったら1ヶ月製剤に変えようか」


1ヶ月おきに注射を打ちに行くのはとてもめんどくさい。そんなことを内心思いながら「はい」と返答。


「たまに更年期障害みたいになる人もいるんだけど、ならなかったんだね」
「そうなんですよー!大丈夫でした!ところで、生理が来ちゃったんですけど、いつから止まるんですか?」

逃れられないと思っていた副作用。急に浮かれた気持ちが湧いてくる。


「今月来たら、来月はこないね。副作用は、今から2、3週間後に始まるかな?」


ビックリである。ま、まだだったのかぁー!
えーーー、っていう私の顔を見て、「あ、ならない人の方が多いから」とあわてて先生はフォロー。


ちょっとショックな出来事だった。


薬のきき方、なんかは本当に患者には知識が無い。先生、忙しいのはわかるけど、もうちょっと丁寧にお願いします。



「他には?」って聞かれて気を取り直す。
「リュープリンが高くてすっごくビックリしたんですけど、保険がきいてあの値段なんですか?」


注射1本で驚異の2万越え。がん治療の厳しさを実感した出来事だった。


「そうなんだよ、保険はきいてるんだ。まだ後発薬が開発されてなくて。それでその値段なんだよ。ちなみに…1ヶ月製剤に変えると、もう少し高くなる」


かゆみと戦う決心が改めてつく。これ以上はきつい。


聞きたいことは聞けて、京橋亀田病院の紹介状をもらって。サクサクと事は進んでいく。次に先生に会うのは9月。


少し、涼しくなっている頃かな。

放射線治療も終わって、私はどんな私になっているだろ。

乳がんのこと、少し忘れるようになっているかも。


どんなことをしているのかは、まだ想像ができないけど、明るい顔で過ごせているといい。

もらった命、せっかくだから楽しめているといい。
















6/19(金)で放射線治療の12回目が終了!
もう少しで折り返し地点。くー…終わる日が待ち遠しい。

ちなみに今日はサッカーワールドカップの日本対ギリシャの日。

グローバル企業で働いてる友人が、「試合がある時間は、ブラジル人、電話会議に出てこない!」って、言ってたけど、今日は技師のみなさんも試合が気になるみたいで、待合室のテレビの前に釘付け。

私の治療は、時間より前倒しでやってくれるのが常だけど、まあ今日くらいえぇかー、と試合終了してからの治療になった。

私はさほどサッカーに関心が無いから、みんながそんなに熱中している様子がかえって面白い。


12日間の治療が終了して、どんな感じかというと、左乳房は日焼けをしたように真っ赤になっている。

少し皮膚が痛いときもあるけど、そんな時はアイスノンを抱いていると、落ち着いてくる。

どれくらい痛むのかは、個人差があるみたいなので、残りの日数をこなすと、どうなるのかドキドキしている。

それ以外に副作用は今のところ無い。



後、こうやって振り返っていて、重要なことを忘れていたのに気がついた。



治療を受けるとき、「ガンいなくなれ〜!」とか、「治れ〜!」とか、そういう願いや念を、何にも込めていなかったな、って今更ながら。

結構、「思い」って重要なんじゃないか、って思ってる。


でも…
満員電車に揺られて疲れた体を台に横たえると…

2秒で意識が無くなるんである。

のび太、とタメをはれる睡眠導入時間。

ちなみにのび太は、枕を宙に投げて、地面に落ちるまでの間に、眠れるのだ。



「男性に囲まれて恥ずかしい」って言ってたのは、一体どの口か…


来週は、がんばって、元気になることを願ってから眠りに落ちよう。(やっぱ寝るんかい!!)

自分が強くなったなあ、と実感する。
マンモトーム生検はそんな機会になった。


亀田京橋クリニックでの診察から1週間。MRIで新たに見つかった5ミリのしこりと、エコーで見つかった乳房下部、石灰化部分の細胞診をする日。

前の日に改めてもらった資料を見ると、二子玉川でやったホチキスタイプの細胞診は「太めの針」とあるのに対して、今回は「太い針」。要はぶっとい針を刺して、細胞を吸い上げる。
(イタイカナ…)ちょっとブルーになる。

相変わらず美しい病院に、12時過ぎに到着。少し緊張して待つ。エコー室に呼ばれたのは13時。処置に時間がかかるから、と最後になるのは了承済み。


エコー室で上半身裸になる。ベッドにはビニールと紙が敷かれてある。今日は流血もあり、の予告の意味だ。更にブルーになる。


そんな時にK先生が登場。
「ずいぶん緊張してるね、大丈夫だよ」と笑顔で腕をさすってもらうと、自然に笑みがこぼれる。ちょっとした一言に安心する。

検査技師と先生とで、しこりと針の差し込み位置を確認しながら、油性ペンで乳房にマーキングされ、いよいよ処置開始。「ちょっとチクっとするよ」と麻酔の注射を乳輪の際に打たれる。


ものすごく正直に言う……ほぼ、痛くない。
最近の針は、技術が進んでかなり細い。
そして、私は図太い。

去年、2回の手術をしてみてわかったこと。手術や検査には終わりがあって、自分はそれを乗り越えられる。途中泣いたり苦しんだりするけど、終わったら結局ケロっとしてる。

この「私って図太いわあ」っていう自分への信頼、そして医師への信頼の二つが揃うと痛みを軽くするのにものすごく役立つ。


あと2本、麻酔を打って、「これは痛い?」といろいろなところを突かれる。でも気配だけしかわからない。「大丈夫ですね」と回答。

「始めるね。あっちを向いていたらいいよ。」
と言われて壁側を向く。そのうち背中を液体が流れる感覚。

(アア、ワタシノ血ガナガレテル…)
針を差し込みやすいように切開してるんだ。でも大丈夫、痛くない。


「じゃあ刺すね」
先生の声にハッとする。まだ刺して無かったのね、見えないからどこまで進んだかわからなかった。
思わず、(カミサマ…!)と念じてしまう。普段神など信じてないのに。少しビックリして、笑ってしまう。

(リョウセイ出ろ!)と願いをこめて、針を待ち受けた。
画像1







↑このページのトップヘ