パーソナルコーチ「はる」の、乳ガンとともに生きる日々

コーチが「がん」になったらどう変わっていくんだろう?

ニックネーム はる
名前 北條良子(ほうじょうりょうこ)
職業 パーソナルコーチ、研修講師。
資格 米国CTI認定 Certified Professional Co-Active Coach (CPCC)
HP  http://ryo-ko.net


2014年1月に乳がん告知を受け、4月に温存手術を受けました。現在はホルモン治療中です。癌告知をされた時は、やっぱり頭に死がよぎりました。元気になったいま、残された命を、同じように病気で悩んでいる人のために使うことを決めました。

あなたは乳がんを経験して、これからどう生きたいですか?
コーチングという対話を使って、自分の中の答えを見つけませんか?

神奈川県在住。小学生男児、1児の母。




人気ブログランキングへ

タグ:コーチ

3月26日(土)、前回と同じく調布市で「イキイキと働きたい人のための」コーチング体験会を実施します。(前回の様子はこちら

きっと風は暖かく、桜はほころび、 人の胸にはえもいわれない期待感がふくらむ季節になっていると思います。

切ない別れ、新しい出会い、新しい役職、新年度・・・


初めての場所に不安になったり、代わり映えのない自分に焦りを抱く方もいるかもしれません。


ぜひ、自分を見つめ、どのように働きたいのか、自分にとって働くとは何なのか、職場を居心地の良い空間にするにはなど、普段改めて考えることのないことを、コーチとの対話で深めてみませんか?


働くということは、現実的な意味で考えると、お金を稼ぐためであり、自活して生きていくためには「働かなければならない」ものだともいえます。


ただ・・・専業主婦や病気療養中など、なんらかの理由で働けないクライアントさんや友人と話すと、特に収入に心配が無くても、「ああ、普通の人のように、働きたい」と言う人が多いのが、私には実感としてあります。


その声は、心の深いところから発せられていて、懐かしい自分を思い出すような、また眩しいものを見るような口調で話されます。



そういった表情を見るたびに、その人にとって働くとは、自己表現できる場であり、人と繋がり、自分が存在する意味を実感できる場なのではないかと思うのです。


私たちが日々文句を言いながらも、仕事と言うものをやめるにやめられない理由は、ただ生きていかないといけないというところだけにあるのではなく・・・もっと深い、自分の本質や根源に関わるところに理由があると思うのです。



当日は6人のコーチでお迎えします。ぜひお越しください。

クローバーの絨毯











********************************************************************

日時: 2016年3月26日(土) 14:00~17:00 (13:45開場)

場所: 調布市 国領駅 調布市市民プラザあくろす2F 会議室

費用: 3000円

概要: コーチ3名から15分のコーチングを3回受けられます。
コーチ陣は専門トレーニングを受けた有資格者(CPCC)で安心。
参加者同士で感想を共有するので、体験が深まります。

お申し込み: こくちーずからお願いします!
もっと詳しく載っています! 



     map








 







 

今日は朝からあいにくの雨。一段と冷える中、埼玉の知り合いのうちに遊びに行った。我が家から片道2時間。どんどん田園の 冬風景が増えてくる。もう栃木に近い。リトルトリップ。


家では歓待してもらい、手作りのミートローフ、スープ、パン、最後はその場で作るリンゴケーキに舌鼓。1年ぶりの近況報告。


もう前回来てから1年経ったんだなー、と懐かしく見回す。友人の家は広く、美しくしつらえられていて、いろいろ小さな集会がよく開かれている。ここで1年前、お金をもらってコーチングの体験会をさせてもらった。コーチとしてヨチヨチ歩き。自信が無くて、お金をもらうことに抵抗を持ちながら。でもまだ乳がんのこともわかってなくて。当時の初々しい気持ちを懐かしく思い出した。




実は11月の末から、CTIという、今まで通っていたコーチ養成機関で、プロフェッショナルコースを受講している。5月末までの長丁場。


すでにプロフェッショナルコーチとして活躍している講師から、コーチとしての在り方やスキルを学んだり、自分のコーチングを録音したものを聞いてもらい、フィードバックしてもらう。まさに、コーチングにまみれる半年間。



1年前に行きたかったプロフェッショナルコースだけど・・・4月に乳がん切除手術、7月に放射線治療が終わって、もっと休んでもいいんじゃないかと考えた。この1年、時々休業期間をもらいながら、コーチングは続けたきた・・・でも家事に育児、それに学びとなるとハードすぎるのでは。そんな恐れと、「本当なら去年行っていたコース。やってみたい。チャレンジしてみたい」という決意。


ホルモン治療の影響もあって交互におそってくる不安定な気持ちに悩みに悩んだ・・・この不安定さを振り切りたくて、いっそと飛び込んだプロフェッショナルコース。


飛び込んでみると、予想した通り、めちゃくちゃハード。コーチング時間を100時間達成しなければならないし、週1回の電話会議、ホームワーク・・・・仕事、家事と育児で思うように学びの時間も取れない。


でも、なんというのか・・・自分の人生のど真ん中を生きている感じがして、自分に満足できる気持ちがある。あんなに怖かったことに、よく飛び込めたねって。自分のやりたいこと、見つめて大事にできているねって。


昔は、「コーチングはほんとに難しい。自分にできるわけない。それに資格を持ってない私のクライアントになりたい人なんていないんじゃないか」という気持ちがいーっぱちあった。だからプロフェッショナルコースなんてとんでも無かった。やりたいけど、やれない…そんなもどかしい気持ち。


今、その枠をなんとか打ち破ってきた。


それは別にカッコいい打ち破り方じゃなくて、汗まみれ、涙まみれで例えるならほふく前進。


そして私は、いろんな人に、それぞれの人生をど真ん中で生きてほしいと願っている。
人が本当にやりたいことをやったり、在りたい自分であるということ。それをサポートしていきたいと思っている。

軽やかに飛翔できたら、ほんとにイイ。でもほふく前進でもいいじゃない、ジリジリジリジリ近づいていってもいい。それを、私にサポートさせてもらいたいなって思ってる。



<コーチングのクライアントの募集をします>
プロコーチ養成機関CTIでCertfied Proffesional Co-Active Coachの資格取得を目指しています。
5月末までのプロフェッショナルコース在籍中、100時間の有料コーチングを実施する必要がありますが、この期間中、たくさんの人にコーチングを体験してもらうため、申し込みしてもらいやすい料金で設定します。

*募集人数 3名
*開始   2015年1月
*料金   1000円/1時間 (月2回の契約が多いです)
*期間   3ヶ月以上(コーチングの効果は一定の期間を受けてこそなので、3ヶ月以上で契約させて頂きます)
*連絡先  coach_halu@yahoo.co.jp

原則はSkype、もしくはLINEで実施しています。メールで問い合わせを頂ければ、SkypeやLINEで直接口頭で説明やお話をさせていただきますので、気軽にご連絡ください。
→12/26現在、募集3件のところ5件の問い合わせを頂きました。ありがとうございます。ただ全員の方が契約されるわけではないと思うので、引き続き問い合わせをお待ちしてます。→12/29現在、多数の問い合わせを頂いたので、締め切らせていただきます。

コーチングって何だろう?とより詳しく知りたい人はこちらに。





↑このページのトップヘ