パーソナルコーチ「はる」の、乳ガンとともに生きる日々

コーチが「がん」になったらどう変わっていくんだろう?

ニックネーム はる
名前 北條良子(ほうじょうりょうこ)
職業 パーソナルコーチ、研修講師。
資格 米国CTI認定 Certified Professional Co-Active Coach (CPCC)
HP  http://ryo-ko.net


2014年1月に乳がん告知を受け、4月に温存手術を受けました。現在はホルモン治療中です。癌告知をされた時は、やっぱり頭に死がよぎりました。元気になったいま、残された命を、同じように病気で悩んでいる人のために使うことを決めました。

あなたは乳がんを経験して、これからどう生きたいですか?
コーチングという対話を使って、自分の中の答えを見つけませんか?

神奈川県在住。小学生男児、1児の母。




人気ブログランキングへ

カテゴリ: 手術後の治療(ホルモン治療、放射線治療)

昨日、放射線治療の記事を書いて、「そうだ、知らなかったから損をした!」って思ったことが一つあったなあ、と思い出しました。


それは・・・・


放射線治療を同じ月の中で集中させなかったこと!


合計35回の放射線治療を6月5日という、えらく中途半端な日から始めてしまっているのです。

これが何を意味するかというと、高額療養費制度で返ってくる金額が少なくなるということ。

放射線治療に35回通ったのだけど、6月は23回、7月は12回。
当時、自己負担限度額に7月は届かず、返ってこなかったんですよ。

どうせなら6月1日から始めて、6月に返ってくる分を増やしたかったなあ。
うーん、残念。


こんなこと、考えてみればわかることですが、何せ癌なんて初めてなので、勝手がわからずうっかりしてしまいます。


できたら病院から教えてもらいたけど、患者が得になるように、というところまで望むのは贅沢なことだでしょうか。

今から考えても、ちょっと悔しい思い出。
癌治療中って、お金が財布から出て行くのが半端なく、なんだか心もとない不安な気持ちになりますよね。

ぜひこれから放射線治療の方は確認してくださいね。 


放射線治療について、体調面、健康面で不安を感じて受けることに躊躇しているかたもいるかもしれませんが、特にその方面は後悔してないですよ!


自己負担限度額は年収によっても変わってきます。ご自身でお調べくださいね。
こちらなどどうでしょう?

良い治療ライフになりますように🎶

DSC_0896









コチラでコーチングのブログをやっています。乳がんのことも少し書いていますので、良かったら遊びに来てください。

*コーチ仲間と高尾山登山をする計画を立てました。良かったら一緒に自然の中でのんびりどうですか?季節もいいので気持ちいいですよね〜。
https://www.facebook.com/events/523338464526364/


 

身もふたもない投稿です。


5/30に最後のリュープリンを打ってから、はや5ヶ月。

ホルモンのリズム復活を示す、あいつが帰ってきません!


なきゃないで、もちろん便利なんですよ。

荷物が多くなるし、お腹がシクシク、お風呂の順番を気にしたりと、何かとめんどくさいアイツです。


ナプキン代や鎮痛剤、ダメになった下着とか、お金もかかるし…

男性には想像つかない悩みですよね。


どうしたのかしらん?
実はもう閉経…?
と、疑っています。


来るなら来る!
来ないなら来ない!

ハッキリせいよ、
なーんて言えるなんて、私はなんと強くなったことでしょう。


リュープリン前は、「女性としてどうなるんだろ?」「副作用は?」と不安になっていたのです。

そんな儚さ、今はどこにもありません。


ガンという修羅場を経験することで、今までの大抵のことが、どうでもよくなる。問題が小さくなっていく。


強く図太い自分になったなぁ、と思います。


皆さんはどうですか?

ガンを経験して、以前と変わったところはありますか?

それはある意味、あなたの財産なんだと思います♪






↑このページのトップヘ