パーソナルコーチ「はる」の、乳ガンとともに生きる日々

コーチが「がん」になったらどう変わっていくんだろう?

ニックネーム はる
名前 北條良子(ほうじょうりょうこ)
職業 パーソナルコーチ、研修講師。
資格 米国CTI認定 Certified Professional Co-Active Coach (CPCC)
HP  http://ryo-ko.net


2014年1月に乳がん告知を受け、4月に温存手術を受けました。現在はホルモン治療中です。癌告知をされた時は、やっぱり頭に死がよぎりました。元気になったいま、残された命を、同じように病気で悩んでいる人のために使うことを決めました。

あなたは乳がんを経験して、これからどう生きたいですか?
コーチングという対話を使って、自分の中の答えを見つけませんか?

神奈川県在住。小学生男児、1児の母。




人気ブログランキングへ

カテゴリ: 引きこもり

私がいつの間にか生きづらい界を出ていたのは、コーチングで自分を掘り下げられるのがあまりに辛くて。

いったんコーチングをストップしてカウセリングに行ったのが大きい。そこて過去と訣別しながら、少しづつ「今、ここ」まで戻ってきた。良いカウンセラーさんと会ったのも大きいし、何よりもう1人は昔からの友人の力が大きい。


続きを読む

ある夜のこと…

SAALAの会に呼ばれて行ってきた。昼間は暖かかったけど、夜はまだ寒い。春用のコートの胸元をひっぱりあげながら、池袋の端っこ、うす暗い径を抜けて、あの不思議な居場所へ。

*SAALAの説明はこちらから
http://coach-halu.blog.jp/archives/4178744.html

集まったのは11人。
いつもはまるでネコの集会みたいにバラバラになってるけど、この日は「いい人研究会」という企画の一回目。みんなで輪になって座ってみる。


続きを読む


親に心配かけるのは嫌だ、っていう人、多いと思う。

昨日は大阪の私の実家から、息子あてにチョコやらおもちゃがたくさん送られてきた。息子(4歳)は「俺、もててんじやね〜?」と大喜び。今日、お礼の電話をかけてみる。実家に電話するのは久しぶり。そう、癌のこと、まだ言ってなかったのだ。

はずんだ声で息子と話す母。そのまま切られそうになったので、慌てて引き止める。
「お母さん、あんなあ……」
胸につっかえができて、ちょっと言葉に詰まる。
続きを読む

↑このページのトップヘ