今日は「居場所」のご案内。

隔週金曜日に「生きていきづらい」人たちのための居場所が開かれてます。ひっそりと。

そこは特に何もしなくて良い集まりで、ただ座って黙っててもいいし、隣の人と「生きていきづらいあるある」を語って笑ってもいい。

私がそこにたどり着いたのは、弟が陥った「引きこもり」って状態は何なんだろ?を探っていった道すじにあったんだけど、結局自分も30数年その界隈の住人だったので、まるで居心地の良い部室のように、落ち着いて。


「場」の主人は、吉田真樹さんという、元引きこもり当事者。「誰もこなくったっていいんです」というユルさがかえって受けて、いつも10人以上は集まる場になってる。



そこは池袋の大通りを東へまっすぐ。
人通りが少なくなったら、脇道に逸れて、神社の暗い参道を、入ってく。
背の高い生垣のわき、大きな桜の木の下をヒタヒタ歩いてくと、ボンヤリ白い蛍光灯が光るビルが見えて。その白い灯火 がホッとするような、かえって不安になるような。いつも異界に行く気持ちになる場。



人を分類分けするのは好きじゃないけど、引きこもり、鬱、発達障害、セクシャルマイノリティー、そして理由は無いけど何と無く生きていくのがつらいあなたへ。頑張って人と話すのがつらいけど、でも人と会いたかったあなたへ。


最近、平日は家庭の事情で外出できなかったけど、3/21は祝日なので久しぶりに私も行きます。


*苦しみと哀しみに寄り添う会SAALA HP
http://saala.jimdo.com/

*Facebookのイベントページ
https://m.facebook.com/events/439636372835000

*こないだの引きこもり系イベントで。何と無く座った席の隣にいて、お互いビックリ。業界が狭いです。
画像1