パーソナルコーチ「はる」の、乳ガンとともに生きる日々

コーチが「がん」になったらどう変わっていくんだろう?

ニックネーム はる
名前 北條良子(ほうじょうりょうこ)
職業 パーソナルコーチ、研修講師。
資格 米国CTI認定 Certified Professional Co-Active Coach (CPCC)
HP  http://ryo-ko.net


2014年1月に乳がん告知を受け、4月に温存手術を受けました。現在はホルモン治療中です。癌告知をされた時は、やっぱり頭に死がよぎりました。元気になったいま、残された命を、同じように病気で悩んでいる人のために使うことを決めました。

あなたは乳がんを経験して、これからどう生きたいですか?
コーチングという対話を使って、自分の中の答えを見つけませんか?

神奈川県在住。小学生男児、1児の母。




人気ブログランキングへ

 私がつとめているのは、車関係のコールセンターなんですが、2月に現場から「もっともっと研修をやってほしい」という要望を受けて、新研修を新たに4つ作成し、3月から先週まで、嵐のように実施していました。

 

今までやっていたのは講義形式の研修だったけど、講師の私たちが「お客様って大切なんですよ」「話を傾聴するのは大切なんですよ」「ニーズを質問で引き出すことが大切なんですよ」といくら言っても、いつもイマイチ反応が悪いし、実際に現場でやってもらえることが少ないのは、それが腹落ちしないから、実感が無いからじゃないかのか、ということで、今回はそれらを体感できるワークショップ形式のものをデザインしてみました。

 

ディスカッション、プレゼン、対話、即興劇、他社へのミステリーショッピング体験とか、3回にわたって、体験を重視したワークショップを経験してもらううちに、みんなが講師の私たち以上に、気づきを得て、勝手に思い込みの枠をはずしてくれるのを見、講師の私たちが、まず落としどころを手放したり、みんなをレールの上に乗せようとしないことが大切なんだということに気づかせてもらった体験でした。

最後の4回目のワークショップでは、「学びを活かした理想の自分を表現した創作物」を創ってきてもらい、発表会。絵、コラージュ、俳句、自分で調合したバスソルト、自作Tシャツ→そしてそれを着る、とか普段めちゃくちゃ真面目な社風なだけに、自由で活き活きした意外なみんなの姿がほんとに面白かったです。

 

そしてその創作物について説明すると、自然とその人がどんな人生を歩んできたのか、どんなふうに生きてきたのかが、伝わってきて、胸が熱くなりました。過去の挫折、苦労したこと、そしてそれをどう乗り越えたのか、まで話が及んで、とても響き合う場になりました。

 

最後にサプライズで、それぞれの上司からの感謝の手紙を読み上げるということもやってみました。普段、コールセンターって忙しいと、着台したら隣の人ともあまり話さずに帰ることもあるくらいなので、上司と話すこともあまり無いところが多いのです。でもそういった日常が、「コマ扱いされている」感覚を生み、コルセンならではの離職率の高さに繋がっているのかも・・・と思っていたので、マネジメント側の忙しさを知りながらも、やらずにはいられませんでした。

 

私はもちろん、感動したんですが、参加者のみんなの目の輝きを見ると、自分に意識を向けてくれる存在を感じて、自信を持ってくれたのでは・・・と思っています。


もちろん不満を感じる人もいます。「どうして研修なのに答えを教えてくれないのか?」なんていうのもそう。上司の方を通じて意見を頂きました。私たちはこどもの頃から教えてもらうことに慣れているので、そういった意見を持つ人も当然いると思います。
ただ全員が満足する研修って存在しないし、今回は自分の中に答えがあるということを感じてもらいたかったので、残念ですが、時間をかけてワークショップというものをこの会社の文化として浸透させていくしかないのかな・・・と。

 

いつも、「私」という存在が、この組織でどういった貢献ができるのか?自分をちっぽけに感じ、思い迷うことも多いけど、今回は自分の仕事を愚直に真摯に、そしてチャレンジ成分を入れることで、貢献することができるのでは?と一つの解を得た気持です。


 

お酒弱いんだけど、ビールでかんぱーい!しようかな?なんて思っています。

<1年後の覚え書き>

また春がやってきた。
去年の4/18に乳がんの手術をして1年。この記事を5/2に書いているのだから、月日が経つのは本当に早い。



時々、入院していた時の感覚を、感慨深く思い出す。今年の4月は桜が散っても寒い日が続いて、春らしさを実感できなかったけど、去年のあの頃は、初夏を思わせるあたたかさ。


やっと手術を受けられる、という安堵に似た気持や、手術後の「終わった」という安心感。


6人部屋の病室の、窓を開け放って風を楽しむ感覚。白い部屋を軽やかにはためく白いカーテン。
これもまた、白いシーツを素足でなでて楽しむ感触。

夜は夜で、洗面所から見る、東京タワーや六本木ヒルズの輝き。

リンパ液をためるバッグを携行していたから、動きや移動に不自由があった感覚も懐かしい。

自分も含めて病室の女性たちは、みんな何かしらのがん患者で、手術直後だったり、抗がん剤治療中だったり。全然笑えない状況だったけど、テレビも無いアナログな病室で、季節のせいか、なんとなくのんびりとした雰囲気で過ごしていた。意外なほど、暗い思い出じゃない。







なぜ感慨深いんだろう?

あの頃から、ずいぶん遠いところに来た、と思うからか。衝撃の乳がん発覚、二つ目の腫瘍の疑い、全摘の提案…去年の1月から4月は、私は真っ暗闇の中にいて、もがいてあがいて這い上がれなかった。うずくまって動けなかった。文字どおり、絶望、を味わった。


それが今、乳がんは少し遠い存在になり、家族なんかは話題にも出さない。私も普段、忘れてることも多い。

行きたかったコーチングのプロコースに行けて、打ち込むことができている。

ほんとに別世界にいるかのようだ。
それを思うと、今自分が立っている世界が明るくてうれしくて、涙が出てきてしまう。

生きていて良かった。健康に過ごせていて良かった。子供の行事に参加できて、成長が感じられて良かった。心からそう思う。


生きている喜び。命の輝き。


それを感じながら、「ガンはいつか再発転移するかもしれない」と思ってる自分もいる。その可能性が0じゃないことをひそやかに考えている。ブログランキングの隣の記事で、芸能人の健康状態を伝える芸能ニュースで、がんの再発や転移の(そして死亡の)、知らせは決して珍しいことじゃない。


うまく言えないけど、乳がんを経て理解できたのは、世の中の苦しいことや不幸は、決して人ごとではないということ。うまくいっている、と思う人生でも、実はいつの間にか病が進行していることだってあるのだ。それが実感できたからこそ、この何でもない平和な毎日、好きなように身体を動かし、好きなことに打ち解ける毎日に、胸がふるえるのだ。



のっけから。
コーチングとは何か、と聞かれると説明するのにとても困る。



最近はマネジメントのスキルとして必要、なんて言われるので、「企業で働いたことある人なら、みーんな知ってるでしょう」と思っていると、「それは2人でするものですか?」と質問されて、「ごめんなさーい‼︎そっからだったかー‼︎」と自分の思い込みにのけぞることになる。


そうなんです、コーチングはコーチングする側の「コーチ」と、される側の「クライアント」の2人でするものなんです。

聞いたことはあるけど、詳しくは知らない・・・そんな人が多いだろうか。そんな反応に合うたび、まずは「コーチング」の普及をしていかないとだな、ってことを考える。


あと良く言われるのが、「怒られる」というイメージ。「コーチをしているなんて結構怖いんですね」とか言われる。
これはスポーツのコーチのイメージからなのか・・・私の真の姿が感じ取られたのか・・・(いや冗談だ)コーチングはクライアントに自分の内面と思いっきり向き合ってもらうので、自分がごまかしていた気持ちや、先延ばしにしていた希望について、考えてもらうことになる。そういった意味の厳しさはあるかもしれないが、それを力強く励まし、サポートし、クライアントの力を信じるのが、コーチなのだ。



<コーチングとは>
職場や家族の人間関係、恋愛、介護・・・生きていれば様々なことが起こります。


家族や友人に相談しても、いつの間にか相手の話に変わっていたり、「それはあながた悪いんじゃない?」って非難されたり・・・そもそも話す気持ちにならないかも。

私たちコーチは、あなたに何かを教えることは、ほぼありません。質問をメインにした対話で、あなたの全てに焦点をあて、あなたが本来持つ力を掘り起こし、「本質的な変化」を呼び覚ますことを目指します。コーチが問題を解決するのではなく、「あなたが解決できる人になる」のです。

コーチングの効果
・他人から期待された役割を気にすることが無くなり、本来のイキイキしたあなたに戻ります。
・自分が何をしたいのか明確になり、どのように生きていくのか選択できるようになります。
・物事にトライするハードルが低くなり、何事にも気軽にチャレンジできるようになります。


コーチングを受ける時の注意点
・自分の内面と思いっきり向き合います。メンタルヘルスに問題がある方は、専門医へ。
・コーチは問題の事情や背景よりも、あなたの気持ちや願いを聴きたいです。そのため、話を中断することがありますが、悪気はありません。
・日常、人は体と心が離れてしまっていることが多いです。コーチは、2つを一致させるために思わぬことを提案することがあります。拒否することもできますが、楽しんでトライしてみると、思わぬ気付きがあるかもしれません。


<コーチングのクライアントの募集をします>
2014年11月から5月末までCTIというコーチ養成期間でプロフェッショナルコースを受講します。この期間中100時間の有料コーチングを実施する必要がありますが、たくさんの人にコーチングを体験してもらうため、申し込みしてもらいやすい料金で設定します。

*募集人数 3名
*開始   2015年1月
*料金   1000円/1時間 (月2回の契約が多いです)
*期間   3ヶ月(以降1ヶ月毎の自動更新になります)
*連絡先  coach_halu@yahoo.co.jp

→12/26現在、募集3件のところ5件の問い合わせを頂きました。ありがとうございます。ただ全員の方が契約されるわけではないと思うので、引き続き問い合わせをお待ちしてます。→12/29、多数の問い合わせをいただいたので締め切らせていただきます。

原則はSkype、もしくはLINEで実施しています。メールで問い合わせを頂ければ、SkypeやLINEで直接口頭で説明やお話をさせていただきますので、気軽にご連絡ください。











今日は朝からあいにくの雨。一段と冷える中、埼玉の知り合いのうちに遊びに行った。我が家から片道2時間。どんどん田園の 冬風景が増えてくる。もう栃木に近い。リトルトリップ。


家では歓待してもらい、手作りのミートローフ、スープ、パン、最後はその場で作るリンゴケーキに舌鼓。1年ぶりの近況報告。


もう前回来てから1年経ったんだなー、と懐かしく見回す。友人の家は広く、美しくしつらえられていて、いろいろ小さな集会がよく開かれている。ここで1年前、お金をもらってコーチングの体験会をさせてもらった。コーチとしてヨチヨチ歩き。自信が無くて、お金をもらうことに抵抗を持ちながら。でもまだ乳がんのこともわかってなくて。当時の初々しい気持ちを懐かしく思い出した。




実は11月の末から、CTIという、今まで通っていたコーチ養成機関で、プロフェッショナルコースを受講している。5月末までの長丁場。


すでにプロフェッショナルコーチとして活躍している講師から、コーチとしての在り方やスキルを学んだり、自分のコーチングを録音したものを聞いてもらい、フィードバックしてもらう。まさに、コーチングにまみれる半年間。



1年前に行きたかったプロフェッショナルコースだけど・・・4月に乳がん切除手術、7月に放射線治療が終わって、もっと休んでもいいんじゃないかと考えた。この1年、時々休業期間をもらいながら、コーチングは続けたきた・・・でも家事に育児、それに学びとなるとハードすぎるのでは。そんな恐れと、「本当なら去年行っていたコース。やってみたい。チャレンジしてみたい」という決意。


ホルモン治療の影響もあって交互におそってくる不安定な気持ちに悩みに悩んだ・・・この不安定さを振り切りたくて、いっそと飛び込んだプロフェッショナルコース。


飛び込んでみると、予想した通り、めちゃくちゃハード。コーチング時間を100時間達成しなければならないし、週1回の電話会議、ホームワーク・・・・仕事、家事と育児で思うように学びの時間も取れない。


でも、なんというのか・・・自分の人生のど真ん中を生きている感じがして、自分に満足できる気持ちがある。あんなに怖かったことに、よく飛び込めたねって。自分のやりたいこと、見つめて大事にできているねって。


昔は、「コーチングはほんとに難しい。自分にできるわけない。それに資格を持ってない私のクライアントになりたい人なんていないんじゃないか」という気持ちがいーっぱちあった。だからプロフェッショナルコースなんてとんでも無かった。やりたいけど、やれない…そんなもどかしい気持ち。


今、その枠をなんとか打ち破ってきた。


それは別にカッコいい打ち破り方じゃなくて、汗まみれ、涙まみれで例えるならほふく前進。


そして私は、いろんな人に、それぞれの人生をど真ん中で生きてほしいと願っている。
人が本当にやりたいことをやったり、在りたい自分であるということ。それをサポートしていきたいと思っている。

軽やかに飛翔できたら、ほんとにイイ。でもほふく前進でもいいじゃない、ジリジリジリジリ近づいていってもいい。それを、私にサポートさせてもらいたいなって思ってる。



<コーチングのクライアントの募集をします>
プロコーチ養成機関CTIでCertfied Proffesional Co-Active Coachの資格取得を目指しています。
5月末までのプロフェッショナルコース在籍中、100時間の有料コーチングを実施する必要がありますが、この期間中、たくさんの人にコーチングを体験してもらうため、申し込みしてもらいやすい料金で設定します。

*募集人数 3名
*開始   2015年1月
*料金   1000円/1時間 (月2回の契約が多いです)
*期間   3ヶ月以上(コーチングの効果は一定の期間を受けてこそなので、3ヶ月以上で契約させて頂きます)
*連絡先  coach_halu@yahoo.co.jp

原則はSkype、もしくはLINEで実施しています。メールで問い合わせを頂ければ、SkypeやLINEで直接口頭で説明やお話をさせていただきますので、気軽にご連絡ください。
→12/26現在、募集3件のところ5件の問い合わせを頂きました。ありがとうございます。ただ全員の方が契約されるわけではないと思うので、引き続き問い合わせをお待ちしてます。→12/29現在、多数の問い合わせを頂いたので、締め切らせていただきます。

コーチングって何だろう?とより詳しく知りたい人はこちらに。





8月に誕生日を迎え、無事に40歳ーーーーという大台に乗ることができた。うれしいことに、しばらくは「健康」と言ってもいい身体で過ごすことができる。たくさんの人からお祝いの言葉をもらった。以下、facebookに投稿したお礼文に少し手を加えて転載する。



みなさん、

お誕生日のメッセージありがとうございます。

今日起きてしばらく経ってから、40歳という節目を「元気」と言ってもいい身体で迎えられていることに気づき、とても感慨深い気持ちになりました。今年の初めには、普通の生活を送っている自分が想像できなかったからです。

これも私を支えてくれた家族、友人、関わってくださった皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。

病気をすると、さまざまメッセージが自分の中から出てきます。時にそれは矛盾していることもあります。例えば、「人生は短い、やりたいことがあるなら、迷わずやった方がいい」というメッセージのときもあれば、「人生は長い。焦らずゆっくりと歩んでいけばいい」というときもあります。
どちらも真実なのでしょう。事実は一つかもしれないけど、真実は一つじゃない。自分にとって心地の良い真実をソノトキソノトキで選んでいきたいと思います。


人生は80年と言いますが、そうではないことをこの1年で知りました。まさしく「体感」しました。父方と母方のどちらの祖母も90歳までの長生きでしたので、自分もそうだと思い込んでいたのです。まさしくそれは思い込みでした。


よく「いつ死んでもいいように生きよう」と言いますが、今のところそこまで突き詰めた思いはありません。けれども、 自分が得た体感から、「人生はそんなに長くないかもしれない」という事実を忘れず、時にはその事実を眺め、時には傍らに置き・・・・意識をしながら過ごしたいとは思います。
 

最近は、ホルモン治療の影響で、バランスが崩れ、突然のホットフラッシュから滝汗をかいてい時があります。また、全く理由もないのにイライラしたり、落ち込んだりも。どれも「死」と比較すると、たいしたことが無いことですが、一日のうちに何回も浮いたり沈んだりする自分を少し持て余しています。「だって無理なんだもの」を合い言葉に、しばらくゆっくりやっていこうと思います。時にはきまぐれに見えることもあるかもしれません。こんな事情がありますが、どうぞよろしくお願いします。

 

↑このページのトップヘ